カテゴリー 《 PROTOS情報 》   全3ページ

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.28     カテゴリ:  PROTOS情報 

   infinity-hobbyアルミテールケース映像

infinity-hobbyから新型のアルミテールケース(New One-piece Tail Case)の映像がアップされていましたので掲載します。


New One-piece Tail Case For MSH PROTOS 500

2010.11.28     カテゴリ:  PROTOS情報 

   Mini Protos 初フライト動画!!

MiniPROTOSの初フライト動画です。

ep-modelsの本岡さんによる初フライトテスト動画です。

「Mini PROTOS!初フライト動画! 」をクリックして頂くとep-modelsさんのブログが開きます。


この動画でも分かるようにギヤ音は殆ど無く高回転で回るローターの音しかしてませんね!

静音であり尚且つ軽快な飛びです。さすがPROTOS500のスモール版であるMiniPROTOSです。

さすが、PROTOS500のスモールバージョンですね!

今回、三種類のローターでテストされてますので音の違い、飛びの違いなど良く分かります。

2010.11.26     カテゴリ:  PROTOS情報 

   新型アルミテールケース発表!!

infinity-hobbyから待望の新型アルミテールケース(New One-piece Tail Case)が発売になります。

旧タイプは長い間売れ切れ状態でしたのでどうしたのかなって思ってましたが新型を開発してたんですね~(^o^)

今回の新タイプは従来のケースより精度、強度共にアップしているようです。

写真でも分かるようにアルミの一体型になってます。

旧タイプよりかなり剛性はありますし墜落時の破損も少なくなるそうですね!

ただ、アルミのベルトプーリーはMSHの新型プーリーが入らないのかな~??

どちらにしても、高回転で回るテールを支える軸となる部分が一体式のアルミになるというのは朗報です。
静電気対策にもなりますしPROTOSに取ってありがたいアイテムの一つだと思います。

当然、見て目にもグッドですし^m^



CSC_1919.jpgCSC_1920.jpg
DSC_1916.jpgDSC_1917.jpg
DSC_1918.jpgDSC_1922.jpg
DSC_1923.jpgDSC_1924.jpg
DSC_1927.jpgDSC_1928.jpg
DSC_1929.jpgDSC_1931.jpg
DSC_1934.jpgDSC_1935.jpg
DSC_1936.jpgDSC_1937.jpg
DSC_1959.jpgDSC_1964.jpg
下の写真が旧タイプです。
60420826_2.jpg60420826_3.jpg



旧タイプはカーボンBOXですが新タイプはアルミになりカーボンプレートですので強度は断然いいでしょうね~!!


2010.11.25     カテゴリ:  PROTOS情報 

   MiniPROTOS一足先に組立画像

MiniPROTOSも、第一便が近々日本に上陸する予定ですね(^^♪

楽しみにされている方も多いと思います!私も楽しみです。

どんな飛びをするのか!どのような構造なのか!ん~楽しみです。

と言う事で海外のフライヤーさんが一足先に組立ますので紹介します(^^)


まず、この方のメカは
スワッシュサーボ:ハイテク65MG
ラダーサーボ  :フタバ9257
受信機     :フタバ617FS
ジャイロ    :Mini-V搭載予定

MiniPROTOSはバー付きにもバーレスにも出来るセットが梱包されています。
これは、非常に画期的でありがたいですね!

この方は当然PROTOS500を所有されてますが今回のMiniPROTOSの完成度に絶賛しています。


では、写真をアップします。


ajxye1.jpg

2m5flw3.jpg

2rq2cmf.jpg

mtazhx.jpg




dexz7t.jpg

サーボの65MGが完璧フィットしておりサーボマウントの完成度が高いそうです。


2cg07t5.jpg


ここでは、フレームとパーツのボルトの穴が完璧にフィットするという事です。
まぁこれは当然と言えば当然ですが・・・


erlogi.jpg


ここでは、フレームの剛性は非常に高いと言う事です。これはPROTOS500でもそうですが、PROTOSのフレームとプラパーツとの組み合わせで非常に高い剛性を確保しています。
500と同じ構造でMiniと言う事はそれだけ更に剛性が高いと言う事ですね!


2youxl1.jpg


PROTOSのキャノピーは、このタイプが一番カッコいいですね~!


2lm2sft.jpg


ここでは、バーレスのヘッドを組み立てています。当然、付属品と言う事です。
ヘッドのセンターハブを含め高い精度と剛性があります。


2rf6jk9.jpg


35chlio.jpg


ん~スタイルはまさしくPROTOSです・・・(^_^;)




2re72ig.jpg


MiniPROTOSでは標準で付属しているモーターサポートです。
これは、ある意味モーターからテールまで1本のベルトで駆動するPROTOSには必需品のように感じます。
これを付ける事によりモーターの負担を軽減しモーターを強力にサポートしますとの事です。


29kt5cj.jpg


97tkd3_20101125044321.jpg


ここは、500と同じようにアルミのアップグレードパーツが欲しいとの事です。
確かに・・・・


27ygwl.jpg


全ての組立を終え非常に満足であり組立において高精度であり尚且つ剛性の高いヘリである。
唯一、テールはアルミを発売して欲しいと言う事ですね!

コラード社長に期待!とのコメントをされてました(^_^)



一足先にMiniPROTOS組立画像でした!


ん~やはり期待通りのようですね!





2010.11.22     カテゴリ:  PROTOS情報 

   フライバーレス回転防止ブラケット応急処置



MSH51117.jpg
   



フライバーレスのPROTOSが墜落した場合、回転防止ブラケット(フライバーレス回り止め)が破損する場合があります。




DSCF2067.jpg 


ここのパーツは当然、単品販売をしていますが在庫切れなどで急遽代用したい場合、海外フォーラムで以下のような方法が紹介されていましたので記載します。


サーボホーンを代用して加工します。


DSCF2066.jpg



このサーボホーンは一般的に販売されているハイテク(HITEC)のヘビーデューティーラージ&レギュラーホーン&アブソーバーセット だと思います。   


そのサーボホーンの中央をシャフトが入るように穴をあけます。


DSCF20678.jpg 



そしてイモネジを入れる穴をあけ、ボールリンクを入れる穴の削り長穴にします。


mini-DSCF2068.jpg 


そして、以下の写真のように取り付ければ代用品の完成です。
DSCF2071.jpg




私自身、試した訳ではありませんので問題なく利用可能かどうか分かりませんが海外フライヤーの知恵の一つなので
在庫切れ等で手に入らない場合は入手可能までの代用品として十分使えるのではないかと思います。

ただし、リューター等の道具も要りますので純正パーツの予備をストックする方がいいかも(^_^;)


一つの情報として捉えて頂ければと思います(^^)







日本語→英語自動翻訳
English English得袋.com
最新画像


メールフォーム
PROTOSの調整などで分からない事があればお気軽にメールください(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。