カテゴリー 《 マニュアル16P~22P 》   全1ページ
このページのリスト
--.--.--  
  スポンサーサイト
2010.12.07  
  Mini PROTOSの組立パート3

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.07     カテゴリ: MiniPROTOSマニュアル16P~22P 

   Mini PROTOSの組立パート3

Mini PROTOSの組立パート3に入ります。

今回はマニュアル16ページからになります。

ここからヘッド関係を組み立てていきます。

ここでもPROTOS特有と言うのはあまりありませんね!

RCヘリを組み立てた事のある方であれば何ら迷うことなく組立が進んで行くと思います(^_^)



それでは16ページのウォッシュアウトからです。

IMG_0930-1.jpg 


ここでもマニュアル通り組み立てればOKですね!


IMG_0938-1.jpg

完成です(^_^;)

ただ、ここでコントロールアームのベアリングとハブがプラパーツの影響なのか動きが少し渋かったので0.2㎜の
ワッシャを入れました。これで非常にスムーズに稼働するようになりました。

ただ、この方法はマニュアル外の方法なのと実際にフライトした訳ではありませんので、あまり参考にならないとは
思います。
個人的に気になったので加工してみました!

IMG_0981-1.jpgIMG_0982-1.jpg






次は17ページのセンターハブにフライバーキャリアの組立です。

IMG_0940-1.jpg


ここでもマニュアル通りです。

ただ、以下の写真の部分のみ注意をしてくださいね!あまり絞めすぎて渋くならずスムーズに動くように
絞め具合を調整してください。
ここがシーソーように軽く動かないとフライトに影響がでます。


IMG_0941-1.jpg 







次は18ページフライバーコントロールアームの取り付けです。

IMG_0942-1.jpg 


マニュアル通り組立ます。
この時点でフライバーの長さをキッチリ左右合わせておいて下さいね!



IMG_0947-1.jpg 







で19ページに続いてパドルを入れます。

IMG_0954-1.jpg 


そして下の写真の①のようにパドルを付けた時のリンケージの長さはマニュアル通りにしています。
この長さは好みで長くしても構わないと思います。

この時点で出来ればパドルとコントロールアームと平行になるように合わせておくといいと思います。

そして③の写真のようにMSHのパドルは飛行スタイルにより安定性を持たせる為、パドルに重りを入れる事が
可能です。重りはお好みに合わせてください。

④の写真のように、この時点でスタビバーの長さ、パドルを付けた時点での長さがキッチリ合っていれば天秤の
動きで完全にバランスが取れます。


IMG_0953-1.jpg 







次は20ページもメインブレードホルダーの組立です。

IMG_0956-1.jpg 


スラストベアリングは内径の大きい方が内側小さい方が外側になります。
これは、T-rexなどのヘリも同じですね!

IMG_0957-1.jpg 


スラストベアリングにグリスを塗ります。


IMG_0958-1.jpg 


ここでもマニュアル通り進めていきスラストベアリングを入れてからベアリングを入れます。
スラストもボールベアリングも奥までキッチリ入れてくださいね。

 IMG_0961-1.jpg


奥まで押し込むのにベアリングの外径と同じ大きさの工具でシッカリ差し込みます。
ベアリングの大きさより小さい工具に押しこむとベアリングを痛める可能性がありますので気をつけてくださいね!

ここでは5mmのレンチがピッタリ合いますので奥まで確実入れます。


IMG_0962-1.jpg 

そして、ミキサーを取り付ければ完成です。
ここでもスムースに稼働しるようネジを締めすぎないようにして下さいね!


IMG_0963-1.jpg 







21ページです。

ここでスピンドルを入れますがMiniPROTOSはバー付きとバーレス両方可能なようにバーレス用も入ってます。
今回はバー付きですので短い方のスピンドルを使用します。

IMG_0966-1.jpg



で、マニュアル通り組みたれば完成です(^_^;)

IMG_0967-1.jpg 



IMG_0969-1.jpg








次は22ページのリンケージの組立です。

IMG_0974-1.jpg 


マニュアル通り進めていきます。


IMG_0978-1.jpg



そして取り付ければヘッド部分の完成です。

IMG_0979-1.jpg 


そして、メインシャフトに差し込んでリンケージをボールに入れてヘッド部分は完成ですね(^^)


IMG_0985-1.jpg 



IMG_0984-1.jpg 



ここまで組んで見てPROTOSのデザインと精度の良さまた下の写真のように良く考えられていると思います。

センターハブとメインシャフトを固定するネジもナイロンナットがセンターハブの下側から入り固定出来るように
なってます。

IMG_0983-1.jpg 

デザインを壊さず便利にしている所はやはりPROTOSだと思います。
またスワッシュの回り止めの部分もベアリングが入りスムーズな稼働を可能にしてますね!

また精度も高いのでヘッド部分のガタも殆どありません。



パート3の完成です。

ここまで特にPROTOS特有と言うのはありませんでしたのでパーツ3はRCヘリ組み立てた事のある方はスルー
して頂いていいと思います(^_^;)



次はパート4でテール関係を組み立てていきますね(^^)



ではでは・・・(^^)/





スポンサーサイト


日本語→英語自動翻訳
English English得袋.com
最新画像


メールフォーム
PROTOSの調整などで分からない事があればお気軽にメールください(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。