カテゴリー 《 MiniPROTOS調整について 》   全1ページ
このページのリスト
--.--.--  
  スポンサーサイト
2011.07.14  
  MiniPROTOS調整依頼
2011.06.17  
  MiniPROTOS調整依頼

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.14     カテゴリ:  MiniPROTOS調整について 

   MiniPROTOS調整依頼

最近、PROTOSの調整依頼の相談が多く入ってきます。

先月だけで調整依頼と言う事で送ってきたPROTOSは・・・

PROTOS500・・・2機
MiniPROTOS・・3機

でした。

その調整、組み直しなどをしていて一番多かったのが、やはりテールの部分です。
テールの調整がうまく出来ていない事によるハンチングやテール抜けまたベルトへの負担などが
発生しフライトに不具合が出るというパターンです。

その他の要調整箇所は、それぞれの機体によって違いますが共通して言えるのはテールの不具合です。

皆さん、ちゃんと調整されていると言う事でお預かりするのですが・・・・

と言う事で図では調整具合の説明は難しいのですが、テールの部分の調整ポイントを作成しましたので参考にし
て見てください。

調整依頼が来て、しっかり点検、調整、組み直し、パーツ交換などをしてオーナーにお渡しすると皆さん非常に
ご満足頂きフライトされてます。

中には劇的なフライト感覚が変わったと言われるオーナーの方もおられPROTOSの本来のパフォーマンスを
体感頂き調整した本人も嬉しいですね(^^)


クリックして頂ければ拡大します。
MSH_MINI_PROTOS_rel_1e0-351.jpg


スポンサーサイト

2011.06.17     カテゴリ: MiniPROTOS調整について調整依頼 

   MiniPROTOS調整依頼

知人からMiniPROTOSの調整をして欲しいと依頼がありましたので、ついでに、今回の調整依頼の内容を記事にアップしていきます。


IMG_7745.jpg



まず、依頼内容は・・・

1、ローターのトラッキングが合わない
2、テールがしっくりこない
3、ジャイロ感度が上げられない
4、回転ムラや回転がスムーズでは無い

と言う事でした。


それじゃ~始めますか~(^^)/




まずテールから・・・・動きが渋い(硬い)です・・・(^_^;)


1-1.jpg 

確認した所、写真の矢印①~③に問題があります。




まず、①からです。下の2枚の写真を見てください。

2_20110617002351.jpg

3_20110617002337.jpg 

ロックタイトの付けすぎです・・・

と言うかここはロックタイトは必要ありません。
ロックタイトの付けすぎで稼働部分にまでついてます。
それにより、動きが渋くなっている原因の一つです。

このロックタイトを綺麗に掃除して動きがスムーズになる程度にネジを絞めます。

絞めすぎると動きが悪くなるので最後にテールローターを持って動かしながらネジの絞め具合を確認します。

追記:知人から連絡がありましたので記載します。
プラパーツ側にネジロックを使うと最悪クラックが入る事があるそうです





続いて②の部分も要調整!

4_20110617002337.jpg 


ここのネジも動きを確認しながら絞めすぎないように注意です。

また下の写真のようにベアリングオイルを少しだけ注すのもいいです。しかし、つけすぎるとべたべたになりますのでほんの少しでOKです。はみ出た場合は拭き取ります。


6_20110617002337.jpg





続いて③の部分です。

5_20110617002337.jpg 


ベルトを押さえているプーリーの回転が硬いです。
ここも、ネジの絞めすぎに注意です。

ここの回転が渋いとベルトの回転の抵抗になり回転ムラや回転がスムーズで無い場合があります。
また、モーターの負担につながりますので必要以上にモーターの温度が上がりますので気を付けた方がいいですね!







で最後にテールローターを持って軽くスムーズに動けばOKです(^^)
テールローターを指で動かして抵抗があまり感じられない程度に動くよう調整をしておけばテールの不具合やミソスリまたテール抜けなどの症状が無くなります。


7_20110617002337.jpg





で、次にベルトの張りは・・・・OKですね(^^)


8_20110617002337.jpg 


これで、テールがしっくりこないという感覚は改善されていると思います(^^♪





ヘッドの部分を確認する前についでに他の部分も・・・・

PROTOS特有の調整ではありませんが・・・・


9_20110617002316.jpg 


ジャイロのコードの張り過ぎですね!

ヘリ全般に言える事ですが、一応説明しておきますね!
ジャイロコードを引っ張り過ぎるとジャイロが片方に傾いたり機体の振動を受けやすいので、ゆとりを持たせた取り付けが必要です。


10_20110617002316.jpg 

出来るだけ湾曲になるように取り付けるとテールの不具合やジャイロ感度などが改善される場合もあります。





そして、ここも駄目ですね・・・(^_^;)


11_20110617002316.jpg 

ジャイロ取り付けの両面テープ(クッションテープ)が裂けてます・・・
ここが裂けると裂けた部分に傾きやすいので要注意です。

それと、このジャイロ固定テープは柔らかすぎます。
柔らかすぎるとジャイロが動きやすいのでジャイロの誤作動の原因になります。

ジャイロテープは硬すぎず柔らかすぎず、厚すぎず薄すぎない物がベストです。
ジャイロテープの交換だけでハンチングが治まったり感度が上げれたりします。

で交換した写真です。

12_20110617002316.jpg 

これで、バッチリOKでしょ~(^^)





でお次はトラッキングが合わないというヘッド部分ですが・・・・・・・・・

ん?・・・・・(・_・;)


13_20110617002316.jpg


何かオカシイ・・・


14.jpg 

ウォッシュアウトコントロールが左右で違う・・・・(・・;)


15.jpg 


これは取り付けが逆です!リンクボールが片方のウォッシュアウトリンク接触しています(^_^;)


下の写真が正解です。


16.jpg 


と言う事で直します(^^)

ここの取り付けが逆と言う事はウォッシュアウトリンクも逆のハズなので直します。


17.jpg 

18.jpg 


で、取り付けて修理OKです(^^)




その他、確認したのはスピンドル、各部のガタと調整などですが他は大きな問題はありませんでした。

しいて言えば、メインマストのマスト止めの部分の取り付けが甘くメインマストが上下に僅かですが動きます。
それとベアリングがゴリってましたが、これは本人が調整と交換するでしょ~^m^


でヘッドOKです。


19.jpg





その他に確認、調整したのは・・・・

1、ベルトの張りを再度確認
2、テール以外のプーリーの確認
3、モーターサポートの取り付け確認
4、各部のスムーズ稼働の確認
5、メインシャフトがスムーズに下まで通るかの確認
6、ボールリンクのガタの確認
7、その他微調整と確認





で、ピッチを合わせて軽くトラッキングと振動の確認を済ませ・・・


20.jpg 



修理完了!!!!



これで、問題無くPROTOSらしい飛びをしてくれると思います(^^)



PROTOSはメカの選択や調整次第で、素晴らしいパフォーマンスを持っているヘリです。
手を加えてやればやるだけちゃんと答えてくれるヘリでもあります(^^)


初心者の方やPROTOSは初めてと言う方の参考になれば幸いです(^^)








日本語→英語自動翻訳
English English得袋.com
最新画像


メールフォーム
PROTOSの調整などで分からない事があればお気軽にメールください(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。