カテゴリー 《 メカ関係 》   全1ページ

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.04     カテゴリ:  メカ関係 

   冬場のリポ対策 保温

寒くなってきましたね~!!

この時期EP派の人はやはりバッテリーの保温を皆さんされていると思います。
例えば 

 
こう言ったアルミ保温ボックスや 


abt-a202.jpg


こう言ったスチロール系のボックス 

5626458949_4a2c601034.jpg 



最近はUSBで温める保温弁当ボックスなどを利用されている方もいます。

hot-launchbagsp-007.jpg 




そして、ボックスの中には100円カイロや

200812151053375TWM_2.jpg 

こう言った電子レンジカイロを利用されていると思います。
私もこれを使ってます(^^)


ただ、ボックスに入れている間は保温可能だとは思いますが、機体に搭載して置いていたり
飛ばしていると冷えて活性されなくなると思います。


そこで、いろいろな方が保温対策としてされていたのが・・・・・
(もう既にご存知の方も多いとは思います) 

img_655438_65274011_0.jpg


リポに保温シートを巻く方法です。
この記事はワールドエアーモデルの店主さん(Mさん)が掲載していた記事です。
記事の引用をすると

「保温をしていても実際に機体に搭載すると、バッテリー温度がどんどん下がってきますの
で、使用する際に画像のような保温材を巻いてやると温度を一定に保ちやすくなります。」

との事です。

他にも・・・

P1010571_convert_20110208224938.jpg 


この写真はNRKさんの記事に掲載されてました。
ここの記事で非常に分かりやすい説明をされてましたので引用します。(勝手にスミマセン)

保温効果のあるシートで「防寒対策」です。
特に冬場は「必須」です。
最悪の場合、バッテリーを壊してしまいます。

   ・・・理由は・・・

ケース1
5セルのリポバッテリーはほとんどのメーカーで1セルを5枚重ねています。
わかりやすく言うと「板チョコが5枚重ねてある」みたいな状態です。

両端の2枚は外気にさらされる面積が多く、冷えています。
真ん中の3枚は外気にさらされる面積が少ないので、冷えにくい状態です。
前述のとおり、リポは温度によって取り出せる電流量が変わってくるので、温度の高いセルと同じだけ
電流を引き出そうとすると、外側の2枚のセルは能力以上の仕事を要求され、壊れてしまうのです。



なるほど・・・・



リポは保管時の保温だけでなく搭載した時の保温対策も大切だと言う事です。

冬場はリポの元気がなくなってきますのでしっかり保温対策をしてRCヘリとリポのパフォーマ
ンスを最大限に引き出し気持ちの良いフライトをしたいですね(^^)

以上、ご参考になれば幸いです。
スポンサーサイト

2011.06.10     カテゴリ:  メカ関係 

   Phoenix ESCの設定( Castle Link)

ice-full.jpg


フェニックスアンプの設定方法に関する情報です。

フェニックスのアンプ設定で良く分からないと言う方も多いのでキャッスルリンクでの設定方法の記事を紹介します。
 
Zrzut-ekranu-2011-05-30-godz_-09_53_07.jpg





以下のサムネイルをクリックして頂くと日本の総代理店であるエアクラフト提供の日本語説明書PDFがダウンロード出来ます。









そして、以下のサムネイルをクリックして頂くとPROTOS500のオーナーでもあるヤフーブログの「あきらさん」が作成している説明記事です。

大変、分かりやすくメーカーの説明書より具体的な設定にも触れておりますので合わせてご覧頂くとより分かりやすいかと思います。

CapD20110610_2.jpg



「極楽とんぼのRC」のあきらさんリンク許可を頂きありがとうございますm(__)m



2011.06.03     カテゴリ:  メカ関係 

   MKS DS92 発売間近?


MiniPROTOSでも最近良く使用されているMKSのDS95サーボですが廉価版が発売になりそうです。

スペックは多少弱くなってますが、それでも他のサーボに比べたら凄いスペックです。

価格が安くなれば欲しいですね~(^^)


untitled.jpg


MKS_DS9202_thumb.jpg


MKS_DS9207_thumb.jpg 




                    DS92(4.8V)DS92(6V)DS95(4.8V)DS95(6V)
扭力/1cm2.30kg2.85kg 2.44kg3.05kg
速度/60度0.075s 0.06s0.066s0.53s
尺寸 23x12x27.2523x12x27.25
外殼材質中段鋁上下塑膠全鋁
重量17.2g(實測)21.21g

 

2011.05.30     カテゴリ:  メカ関係 

   PROTOS500のサーボについて

PROTOS500のスワッシュサーボについて質問がありましたの記事にします。

「PROTOS500を購入されてスワッシュサーボを何を使えば良いのか」「KAZUさんは何を勧めますか」と言う質問です。

そこで、国内、海外でPROTOS500に良く使用されているサーボの一例を掲載します。

そして最後にサーボについて私個人の見解を記載します。


     国内、海外で良く使用されているスワッシュサーボ

【FUTABA S9650】
●トルク: (4.8v/6.0v) 3.6 kg.cm / 4.5kg.cm
●スピード:(4.8v/6.0v) 0.14sec/60°/ 0.11 sec/60°
●サイズ: 35.5×15.0×28.6mm
●重量: 26.0g
●ギヤ:樹脂ギア

【ALIGN DS510 】
●トルク: 3.7kg・cm(4.8V)、4.6kg・cm(6.0V)
●スピード: 0.13sec/60°(4.8V)、0.11sec/60°(6.0V)
●サイズ: 35 x 15 x 29.2mm
●重量: 25.9g
●ギヤ:樹脂ギア

【HITEC HS-5245MG】
●トルク: (4.8v/6.0v) 4.4kg・cm / 5.5kg・cm
●スピード:(4.8v/6.0v) 0.15sec・60°/0.12sec・60°
●サイズ: 32.4×16.8×30.8 mmm
●重量: 32g
●ギヤ:メタルギア

【MKS DS9660A】
●トルク: (4.8v/6.0v) 3.8 kg.cm / 4.7 kg.cm
●スピード:(4.8v/6.0v) 0.12 sec/60°/ 0.09 sec/60°
●サイズ: 35.8×15.2×29 mm
●重量: 28 g
●ギヤ:メタルギア

【SAVOX SH-1350】
●トルク: (4.8v/6.0v) 3.7 kg.cm / 4.6kg.cm
●スピード:(4.8v/6.0v) 0.13sec/60°/ 0.11 sec/60°
●サイズ: 35.0×15.0×29.2mm
●重量: 26.0g
●ギヤ:樹脂ギア

【Nexus DSW414MG】
●トルク: (4.8v/6.0v) 4.0 kg.cm / 4.7kg.cm
●スピード:(4.8v/6.0v) 0.22 sec/60°/ 0.18 sec/60°
●サイズ: 30.0x13.0x31.5mm
●重量: 20.8g
●ギヤ:メタルギア

大体主だったサーボはこんな感じだと思います。

【FUTABA S9650】
このサーボはPROTOS500のサーボとして一番多く使われているように思います。
S9650は元々RCカー用のサーボですのでトルクがあり6V対応ですので500クラスのヘリに良く利用されます。
分解能力も高くニュートラルも正確でトータル的に優れたサーボだと思います。


【ALIGN DS510 】
お馴染みALIGN社のサーボで、T-rex500に同梱されているサーボです。
賛否両論のサーボですが私は以前このサーボを搭載してました!
正直あまり不満はありませんでした。
ただ、小舵が少し効きにくいかな~って感じはありますが故障も無く快適に使用してました。

【HITEC HS-5245MG】
ハイテック社のサーボでT-rex500にも良く使用されるサーボです。
このクラスでは最高のトルク(5.5kg・cm)があり性能も良いです。
スピードも他のサーボと同じですのでトルクがある分負荷の掛かる3Dには威力を発揮すると思います。
ただ、重量が32gと重く他のサーボの平均重量が26gなので一つのサーボで6gの差があり3個で18g重く
なります。


【MKS DS9660A】
MKS社のサーボでFUTABAS9650のクローン的サーボと言われてます!
クローンと言うよりFUTABAを意識して製作されているサーボだと思います。
その為、このサーボのメタルギヤはS9650に利用可能です。
但し、FUTABAは承認しておりませんので交換して不具合があり修理に出した場合はFUTABAから「取り付けないように」という注意が来ると思います。
ただ、このサーボも性能も良くサーボの動きや能力は高いです。
しかもメタルギヤですのでギヤの破損も少なくなります。


【SAVOX SH-1350】
SAVOXはALIGNにサーボの提供をしている会社だと言われてますのでサーボの性能や数値はDS510と同じです。

【Nexus DSW414MG】
このサーボは現在、私が使用しているサーボです。
他のサーボに比べ小さく軽いです。
しかし、トルクは4.7㎏と他のクラスのサーボと同等です。
スピードは少し遅いですが現在使用していてそこまで違いを感じません!
性能も良く小舵もしっかり効いてくれてニュートラルのガチャツキも無く非常に良いサーボの一つだと
思います。
しかも軽量で他のサーボに比べ一つのサーボで6g程度軽いです。3個で18gと軽量なPROTOSを更に軽量に
仕上げる事が可能です。



以上、主だったサーボを紹介してきましたが個々のフライトスタイルやフィーリングまたフライトレベルや技術によってサーボの選択は様々だと思います。

最近のサーボは安くても性能の良いサーボも多いです。
高価なサーボを使用する事がベストなのかもしれませんが私個人的にはある程度の価格と性能のサーボでも
良いと思います。

安価なサーボでも素晴らしい3Dをされている方もいます。

様々な情報で「あのサーボは駄目」「あのサーボは良い」という情報だけで選択する必要性は無いかと思います。
情報によるサーボの感想は、その方のフィーリングやフライトスタイルによりますので一概に良い、悪いは決まらないように思います。

ピッチの使い方が激しい人はトルクもあり耐久性もあるサーボを好んだり、逆にピッチの使い方が滑らかな方は安価なサーボでも満足されている方もいます。

誰かが言ってましたがサーボは人間の体で言えば関節だと!
人間にとって関節が痛むと体自体の動きが出来なくなります。

その為、RCヘリのサーボもある程度良い物(トータル性能)を使用する方が良いのは確かです。

また、サーボメーカーの数値だけでは正直判断出来ない物を多いです。
数値が良くても動きが悪かったり1コンマのトリムに反応しなかったりと色々ありますので
数値だけでなく実際に搭載して飛ばして見る事が一番です。

ここに上げているサーボはどれも性能は良い物ばかりですのでフライトスタイルやレベルによって
選択されたら良いと思います。

価格、数値、性能、耐久性などそれぞれ違いがありますのでこれが良いと言うのは一概に言えないですね!
個人的にはこれが良いけど、全ての方に良いとは限らないので・・・
RCヘリはお金も掛かります。
経済状況など無理されずに自分のフライトレベルやスタイルによってRCヘリのメカ選びをされたら良いと
思います。



以上、ご参考になれば幸いです。





日本語→英語自動翻訳
English English得袋.com
最新画像


メールフォーム
PROTOSの調整などで分からない事があればお気軽にメールください(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。