カテゴリー 《 PROTOS組立について 》   全1ページ

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.02     カテゴリ: PROTOS500PROTOS組立について 

   PROTOS500のテールパイプについて

最近、購入された方からテールパイプの方向について質問がありましたので掲載していきます。

PROTOS500にはマニュアルがCDROMで入ってます。そのCDROMの中にマニュアルがあるのですが
作成日が09/03/2009になっており、マニュアル作成後にテールパイプの形状がユーザーの声により変更にな
っています。

まず、マニュアルにある説明図は下の図になります。


MSH_PROTOS_CARBON_09_03_092.jpg


この図のテールパイプはパイプに穴が空いており、その穴をテールブームケースの突起に入れてはめ込む
ように説明されてます。

しかし、現在のテールパイプには穴では無く溝になってます。
下の写真が旧タイプと新タイプのテールパイプです。


IMG_700922.jpg


写真の上が旧タイプで前後に穴があいています。前側はパイプ両面に穴があいており説明図の通りはめ込むようになってました。

そして、下が新タイプです。前側が穴では無く溝になっていて後ろ側(テール側)はパイプの片方に穴があいてます。

説明図ではパイプ両側に穴があいていてはめ込むようになってますので勘違いをされ新タイプのテール側に片方のみ穴があいていますので、こちらが前側と勘違いをし、もう片方に穴をあけてはめ込む方がいますが新タイプのテールパイプは溝の方を前にしてテールブームケースにスライドさせて差し込みます。

下の写真のようになります。


IMG_70131.jpg


旧タイプから新タイプに変更された理由は・・・
穴にはめ込むタイプだとテールパイプを抜く時にテールブームケースも外さなければならず手間になりますので
差し込む溝タイプに変更されました。

また、新タイプだとテールパイプをスライドさせる事が出来ますのでベルトのテンション調整が楽になります。
基本的にベルトのテンション調整はテールブームケースがスライドしますのでテールパイプをスライドさせる事は殆どありません。

以上の理由によりテールパイプが変更になり説明図とは取り付け方法が異なりますので参考にして頂ければと思います。

※新タイプテールパイプのテール側の片方にもう一つ穴をあけテールブームケースにはめ込んだとしても問題はありませんが手間が掛かるのと修理の時にテールパイプを抜く時にケースも外さないと駄目なので面倒だと思います。飛行にはなんら影響はありません。


以上、ご参考にして頂ければ幸いです。


スポンサーサイト

2010.08.26     カテゴリ: PROTOS500PROTOS組立について 

   PROTOS500組立時の調整のポイント

PROTOS500調整のポイント

組み立てに対して注意する部分のみをPROTOSの説明書を引用し説明していきます。
PROTOS付属の説明書と一緒に見て下さい。

MSH PROTOS500のヘリは非常に完成度の高いヘリです。

このクラスの大きさで1600g前後に仕上がります。
ヘリの軽量は重要な要素です。また、その重要な軽さとの戦いでもあります。
PROTOS500はこの重量を極限まで軽くし3D性能を大幅に向上したヘリでもあります。
その為、一般的な500クラスのヘリで使用される22.2V-2500~2600mAhのリポバッテリーでは無く22.2V-2200mAhの軽いリポバッテリーでも一般的な500クラスのヘリと同等の飛行時間もしくは、それ以上の飛行時間が得られます。

PROTOSのもう一つの魅力は独特な駆動部分にあります。
モーターからテールまで一本のベルトで構成されており、その独特な構造でロスが少なく500クラスのヘリとは思えない静かさがあります。

また、ヘッドの構造、フレームの構造、駆動系の構造全てにおいて完成域に達した素晴らしいヘリです。その為、ガタも無くキッチリと作られておりセンターハブは四角のジュラルミン製で出来てます。
ガタも無くキッチリとしたヘリと言うのは逆にメンテナンスや組立に注意をしないと不具合が生じるヘリになってしまいます。

しかし、この調整とメンテナンスが出来ていれば最高のパフォーマンスを得られ素晴らしいフライトが可能ヘリです。安定性もこのクラスでは抜群の安定性を得られます。

組立においては説明書がしっかりと作られているのであまり迷う事無く組み立てる事が出来ますが、従来の他のメーカーと異なる構造をしたヘリですので、PROTOSを組立る際に注意した方が良い点を説明させて頂きます。

ご参考になれば幸いです。

1.PROTOSの全体的な調整

2.サーボフレームにサーボ取り

3.ガイドプーリーの取り付け

4.サーボフレームをフレームに

5.サーボフレームをフレーム2

6.センターハブ

7.テールピッチアセンブリの組

8.テールピッチレバー取り付

9.モーター側のベルトの張り具

10.テール側のベルトの張り具合


調整箇所で重要なポイントのみ記載をしましたが、当然ヘリの場合はこれ以外にも重要なポイントはあるかと思います。

今回はPROTOS特有のポイントですのでそれ以外の組立制度やネジの締め付け具合また各部の調整と加工など色々あると思いますので調整と組立精度、メンテナンスをしっかりすれば常に最高のパフォーマンスでフライトしてくれると思います(^^)


日本語→英語自動翻訳
English English得袋.com
最新画像


メールフォーム
PROTOSの調整などで分からない事があればお気軽にメールください(^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。